PERFECT BORDERLINEプレイバックレビュー

 93日、下北沢CLUB QUEにて行われたMOTOCOMPOデビュー10周年記念ライブ「PERFECT BORDERLINE」は、大盛況の内に幕を閉じました。

 今回は、Dr.Usuiによるプレイバックレビューをお届けします。

 生で体験できた方はもちろん、残念ながら当日来られなかった方にも、あのハッピーな雰囲気を少しでもお届けできればと思います。

 ※chihoによるセルフレビューはこちら

 

──当日、ライブ開始までの心境はどんな感じでしたか?


Dr.Usui:スタートするまでについては、胃が痛くなるくらい緊張していた事以外は正直あまり覚えていないですね。思い出したらまた胃が痛くなってきたな(笑)。


──まず1曲目ですが、いつもはラストに演奏している「Discotheque Murder」で驚きました。


Dr.Usuichihoと考えて、敢えてオープニングに持ってきました。

昔からMOTOCOMPOを聴いている人にも、今回初めて観る人にも、1曲目にこの曲が演奏されるというのはインパクトがあったんじゃないかな。今年1月に渋谷でやったワンマンでのラストや、5月のUSTREAMライブでも演奏した曲だし。


──続く「Last Train」のイントロで機材トラブルがあり、音が止まってしまいましたが、機材チェックの間、急遽、過去のライブVTRを流すコーナーになり、客席と会話したりして盛り上がっていましたね。


Dr.Usui:これは当日、オープンから来てくれる熱心なファンへのボーナストラックの意味を込めて、膨大なアーカイブからピックアップしたものを、開演前に会場に流していたんです。それをステージ上でまた流して、chihoと一緒に解説やツッコミを入れました。ロフトでの超初期のレアなライブとか、クアトロでのNEWWAVE OF NEWWAVEのイベントとかの映像ですね。


──そうこうしているうちに機材も治って、続いて「Part-Time War」。


Dr.Usui:総決算のベストセレクションを目指した今年5月のUSTREAMのシークレットライブで思い出したように演奏してみた流れで、今回のセットにも入れることにしました。

久々にライブで演奏してみて嬉しかったのは、「all the night forever」という歌詞をchihoが歌い上げるパートがあるんですね。そこでの客席との一体感、伝わった感じは、感動的でした。その瞬間、さっきまでのトラブルを一気にリカバーできた実感がありましたね。

以前、ロシアツアーの大きなホールでも演奏したんですが、そのパートで同じような盛り上がりと感動があったのを思い出しましたね。


──そして、chihoさんからの重大発表がありました。


Dr.Usui:はい。第二子妊娠の報告ですね。お腹もちょっと大きくなっていたのでフワっとした衣装にしていたんですが、お客さんにはバレてたかな?客席からの温かいお祝いの言葉が嬉しかったです。


──今年「45秒コンセプトの楽曲」として発表した2曲「Happy Gun」「Get Outta Here」もやりましたね。


Dr.Usui:今年10周年の企画を色々やっていて、色んなお話が各方面から舞い込むようになったのですが、その中に新曲を「着うた」でリリースしないか?というのがありました。

通常一般的な「着うた」は、大まかに言うと、既存のある楽曲のおいしい部分だけを単に45秒間切り取る編集だけで作ります。でもMOTOCOMPOがやるからには、"ただの「着うた」"はやりたくなかった。45秒という制限を逆手にとって、その秒数できっちりと完結して表現しきる楽曲を作りました。その曲を実際に他の曲と同様にライブで演奏してみせて、意図を明確に伝えたかったのです。


──なるほど。続く「Video Killed The Radio Star(ラジオスターの悲劇)」。これはTHE BUGGLES(バグルス)のカバー曲ですね。


Dr.Usui:カバー曲をセットに加えるのは、MOTOCOMPOの様々な活動を後押ししてくれている今回のスタッフからの声で急遽思い立ちました。当初自分たちにはあまりピンとこなかったのだけれども、身近な人が喜ぶことはきっとライブに来てくれる人たちも喜んでくれるのでは?と考えたんです。


単純に洋楽を聴き始めの頃に最初に好きになった曲でもあるし、さっきの「着うた」含め、音楽を取り巻くメディアの転換が起こっている今の時代に対するニュアンスもぴったりに思えたので、10周年の記念としてやるしかない!と。自分達が思ってた以上にフロアからは反響が返ってきて、本当に楽しんでプレイすることができましたよ。


──ここからは、まさにスペシャルな「10周年記念式典」の様相を呈してきますね。ケラさん、佐久間正英さん、GLAYJIROさん、他にもたくさんの豪華な方々からのお祝いやビデオコメントが来ていました。これは、当日来てくれた人だけのお楽しみという事で...コメント紹介が終わり、サブステージでのDr.Usuiのソロ「Color This World」。


Dr.Usui:元々はchihoが歌っている曲なのですが、今回は僕がボコーダーを使って歌い、ソロで演奏しました。これも今回初の試みですね。実は、このバージョンも当時レコーディングしたマスターがあるんですが、未発表のまま眠っているはずです。


──曲が終わり、メインステージにはDr.Usuiそっくりの格好をしたボーダーの眼鏡男子が4人登場します。振り付けで踊ったり、異様な空気でしたね。かなり初期の曲「Tiny Luck'n'Roll」が始まります。


Dr.Usui:題してウスイ隊ですね(笑)。そのあたりから記憶がかなり無くなってますね。楽しすぎて、興奮状態になったのかも知れない。


──そしてそのウスイ隊の一人が、実はMOTOCOMPOオリジナルメンバーのDAISUKE君で、彼が参加して3人(「1998年のモトコンポ」)で結成時の曲を立続けに演奏しました。「24 Hour Online」、「Lights Out」、「Boyhunt」。


Dr.Usui:それこそ10数年前のCLUB QUEで必死にやっていたようなパフォーマンスを、当時以上のキレを意識してやりきりました(笑)。「24 Hour Online」では、ひさしぶりにハイジャンプしたんですが足がつりそうでした。当時は毎回いっぱいいっぱいだったけど、今回はとにかく気持ち良かったな。


──DAISUKE君はメジャーデビュー前に脱退しますが、その後MOTOCOMPOは何人かのサポートメンバーを迎えて活動してきました。次の「Lily Lies」では、キーボードのちなみさん(元CymbalsSylvia55)とベースのカツミ君が参加して、バンド形態になります。


Dr.Usui:歴代のサポートメンバーが一堂に揃う事はこれが初めてで、今までにないテンション、緊張感がありました。曲中のMCも何を喋ったか覚えてないな。演奏の出来は自分でもよくわからないんだけれども、とにかく勢いはすごくあったと思う。こういうのも初めての経験です。


──The Higher I Fly」で本編が終了して、アンコールで「Boys,Boys,Boys....」と「Another Century」。


Dr.Usuichihoがちょっと感極まっていたね。ラストの「Another Century」は、いつかこんな感じで演奏してみたいと漠然と思っていた曲の目指す所と、いろんなパラダイムシフトが起きているこの時代や世相とのタイミングがマッチするような、ある意味理想の形が完成できた実感があるんです。一旦、MOTOCOMPOとしてはライブ活動としては休止せざるを得ないんだけれど、別の次元に足を一歩踏み入れているような昂揚感がありました。次がいつになるのか判りませんが、ここから繋がるような形にできれば、と思っています。「もうひとつの世紀」というタイトル通り、未来へ向けての約束もしましたしね。



──それでは最後に、今回のライブを総括すると・・・。


Dr.Usui:今までのライブでは冷静でいることを求められる事が多かったんですが、今回、特に後半は覚えていなくて、興奮状態だったんでしょうね。こんな事は初めてです。


会場のCLUB QUEについては、10年以上前に初めて出演できた時凄く嬉しかったという場所で、ここで今回の記念となるパーティーができて良かったなと思いました。まさにホームでやっているような感覚というか。でも、そこに甘んじたホームパーティのような儀式にはしたくなかったので、さらなる挑戦を盛り込んでおきたくもありました。


気づけばライブハウスでやれる物量を超えてしまっていたのか、色んなハプニングも起こってしまったという反省もあるのですが、今回のライブが成功したのも、応援してくれているファン、会場のCLUB QUE、関わっているスタッフ、みんながMOTOCOMPOにくれた御祝儀だと思います。


たくさんの人たちと作り上げることで初めてライブが成立するというのはごく当たり前のことかもしれませんが、10周年にしてその原点に立ち返れたような気がしています。


──約束の活動再開も楽しみにしています。今日はありがとうございました。


Dr.Usui:ありがとうございました。


2010919日・吉祥寺 GONO burger&grillにて

文/鈴木克巳(Cheering&Co.)


PERFECT BORDERLINE

2010/09/03

@下北沢CLUB QUE


1. Discotheque Murder

2. Last Train

3. Part-Time War

4. Motor Girl

5. Detective

6. Happy Gun

7. Get Outta Here

8. Video Killed The Radio Star~ラジオスターの悲劇~

--------------------------------------------------------------------------------------------

9. Color This World (MOTOCOMPO1/2) 

10. Tiny Luck'n'Roll (ウスイ隊)

11.24 Hours Onine

12.Drive My Car

13. Lights Out

14. Boyhunt ...1998年のMOTOCOMPO (chiho vo,syn/Dr.Usui vo,g/DAI syn, gt, PC)

15.Tiptop Trip Lily Lies...MOTOCOMPO10周年all starschiho vo/Dr.Usui cho&gt/DAI gt&pc/カツミ bs/ちなみ key

16.The Higher I Fly

--------------------------------------------------------------------------------------------

enc 1. Boys, Boys, Boys....

enc 2.Another Century

  • MOTOCOMPO BLOG
  • MOTOCOMPO myspace
  • (M)otocompo

ウェブページ